働きながら40万稼ぐサラリーマンが使うFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠陥住宅なら

欠陥住宅というと、雨漏りとか、
床が水平でないとか、
そういうのを思い浮かべます。
でも、実は、床のきしみや
外壁のひび割れも欠陥住宅に
なるかもしれないんですって!

お宅でこのような床のきしみや
壁のひび割れ、傾き、雨漏りなどを
発見したら、業者さんに連絡する前に、
まず、『NPO法人日本住宅監査学会』に
ご相談してみてはいかがでしょうか?

こちらは、その欠陥を調査してくれ、
原因を追及してくれます。
そして、問題があれば、
施工業者へその旨の報告と修繕を要求し、
その代金も欠陥であると確信できた場合、
施工業者負担にて修理してもらえるように
円滑に進めてくれるようです。
これは、素人では、なかなかできないことなので、
ぜひ、プロの方の力を借りてスムーズに
進めていきたいですね。



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
おススメサイト

5/31
お気に入り
プロフィール

ぽっぽマム

Author:ぽっぽマム
訪問、ありがとうございます。
日常の気になることや、
お役にたてる情報を
日々、更新しています。
よろしくお願いします。

カテゴリ
ブログサイトに参加中!

アフィリエイト
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。